クルマにはファンベルトやクーラーベルト、パワステベルトなどの他に

「タイミングベルト」というベルトが使われております。

これはエンジンの「クランク」と「カムシャフト」のタイミングを取っており

とても重要なパーツです。

このベルトが切れたり、歯こぼれしたりするとエンジンの中のタイミングがズレて

エンジンが壊れてしまうことが多く、修理するにも高額な修理代になることは

間違いありません。なのでタイミングベルトに関して自動車メーカーは

「10万km」で交換指定しております。但し、

最近ではタイミングベルトから「タイミングチェーン」へと切り替わっております。

これはこれで金属なので強いのですがオイル管理が悪いとチェーン部から異音が発生したり

チェーン本体が伸びたりと別の問題があります。

いずれにしてもタイミングベルト車はまだまだたくさん走っておりますので

トラブルが起こる前に

「10万km」ごとに交換して頂きたいと思います。